スーパードリンク 株式会社タカラ開発

スーパードリンク
  • 自動販売機
  • 福岡
  • 副業
  • サイドビジネス

[大阪本社] 大阪府大阪市東成区深江南3-20-17TEL 06-4309-5574

[福岡営業所] 福岡県糟屋郡粕屋町仲原2760-1TEL 092-292-4705

独立支援
Independence Support

独立支援事例
井戸努さん

経営者視点を磨けるスーパードリンク。「お客さんに感謝されることが売上につながる」というビジネス本質を追求し、独立後も楽しく地域に貢献

導入事例1

スーパードリンクで約3年間、マネージャーとして活躍し、現在は埼玉県にある、アイベンディング代表取締役の井戸努。
もともと独立の目標があった井戸は、その仕事ぶりが評価され、若手ながらマネージャーに抜擢。さまざまな経験を通じて自信をつけ、入社4年後には、経営者になる夢を叶えます。
スーパードリンクの独立に向けたサポート体制や、井戸が起業に踏み切ったきっかけ、今後の目標をご紹介します。

■独立を目指す従業員に、見返りを求めず与えつづける社長の魅力

いつか起業したいとは思っていたものの、入社当時は目標を叶えるための具体的なステップがわからなかった、と話す井戸。社長の松岡との出会いで、その夢は一気に動き出します。

井戸「ぼくが独立を目指していることを、松岡社長に伝えたら、『まず期限を決めなさい』というアドバイスをもらいました。明確に期限を決めたことで、やるべきことが具体的になり、積極的に学びながら働けましたね」

着実に結果を残し、ステップアップをした井戸は、27歳のときに独立を果たします。

井戸「現在はスーパードリンクと同じ事業形態で、自動販売機の設置や管理をおこなう会社を経営しています。松岡社長からの支援なしに、今はありません。とても感謝をしています。事業を軌道にのせるために、資金面での援助のほか、スーパードリンクが持つスーパードリンクの広告枠を使って、宣伝をさせていただいたり…」

松岡社長の全面的なサポートがあり事業を軌道にのせたという井戸。

井戸「松岡社長は、見返りを求めず与えつづける人です。そして情に厚い。じつはカンボジアの孤児院支援など、慈善事業もおこなっています。僕も現地を訪れたことがありますが、子どもたちからの感謝に心から喜びを感じました。スーパードリンクでの仕事も同じく、人から感謝してもらえることってやりがいや生きがいにつながります」

■がんばりを認めてくれる人がいるから、だれもが自信を持って働ける

入社1年後、23歳でマネージャーになったころは、自分のがんばりを評価してくれる環境があったからこそ、仕事への自信がついていったと言います。

井戸「入社当初は、独立という目標もありましたが、結婚をして子どもが生まれたばかりだったので、目の前のことに必死でした。いかに効率的に与えられた仕事ができるか、日々試行錯誤していました」

最初の仕事は、自分が担当する自動販売機のドリンク補充だそうです。

井戸「まずは業務改善に取り組みました。はじめは、ひとり30台ほどを担当するのが限界で、補充の方法もばらばら。でも、業務を見直して、皆でベストなやり方を共有することで、担当できる台数がひとり40台から50台ほどにまで増えたんです」

担当台数を増やすことで、会社としての売上アップにも貢献。次第に同僚から、やり方を聞かれることも増え、頼られることも多くなっていったそうです。
ある日、その仕事ぶりを見ていた松岡社長が、井戸をマネージャーに任命。
メンバーをまとめつつ、発注、入庫管理、ラインナップの検討など、さまざまな業務を任されるようになっていきました。

井戸「スーパードリンクは、きちんと結果を出せば、ちゃんと評価をしてくれる環境があります」

一方で、結果だけではなく、自分のがんばりを正当に評価してくれる人がいるのがスーパードリンクのよさだとふり返ります。

井戸「もちろん、結果は大事ですが、松岡社長は人をよく見ていて、従業員の能力や人柄、目標を知った上でチャンスをくれる人なので、ステップアップの道筋も人それぞれ。目標を叶えるために、だれにでも挑戦できる環境があります」

導入事例1

■関わる多くの人びとに価値貢献できるビジネスを、もっと広めたい

社長として会社を経営する今、一筋縄ではいかない壁があっても、仕事が楽しくて幸せ、と話す井戸。経営者としての目標を聞きました。

井戸「三方ならぬ、四方よしの商売を、もっと広げていきたいです。このビジネスには、たくさんの方が関わっています。ドリンクを買ってくださるお客さま、自販機を設置させていただく土地のオーナーさん、ドリンクを仕入れさせてもらうメーカーさん、そして僕たち。関わる人が多い分、自分たちの事業がうまくいけば、還元できる人も多くなります」

四方よしを追求するためにはやはり、売上をあげることが大事、と言います。

井戸「まず僕たちが売上をあげて、実績をつくらないといけない。実績があがれば、メーカーさんから安く、たくさん仕入れることも可能です。結果、お客さまにも喜んでいただけますし、オーナーさんにも還元できます。もちろん、メーカーさんにとってもドリンクが売れるのは、喜ばしいことですよね」

今は4人の従業員と目標に向かって奮闘する日々。かつて自分が松岡社長にしてもらったように、今度は自分が、だれかの目標を応援する存在になりたいと話します。

井戸「今、こうして新たな目標に向かって充実した仕事ができているのは、スーパードリンクでの経験があって、見返りを求めずに応援してくれる人がいたからです。今度は僕が、従業員のチャレンジを後押しする存在になります。」

100円自動販売機設置オーナー様募集中!!

自動販売機設置はスーパードリンクにお気軽にお問合せください。